脊柱管狭窄症

家事仕事が長時間できなくなった
ウォーキングをしていたがだんだん歩けなくなってきた
常にお尻~足にかけて痛みやシビレが出る
買い物に出かけてもすぐに休む場所を探してしまう
病院で脊柱管狭窄症と診断され手術を勧められるがしたくない

 

長時間できなくなった
だんだん歩けなくなってきた
痛みやシビレが出る
すぐに休む場所を探してしまう
手術を勧められるがしたくない

 

 

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

 

脊柱管狭窄症とは加齢、労働などの影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

 

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

 

腰椎ヘルニアと同様に坐骨神経痛の症状を出す病気の1つでもあります。

 

進行状況にもよりますが、軽いものだと安静にしていれば症状を感じませんが立っていたり歩いていたりすると腰痛や足の痛み・シビレなどを引き起こし、重度になってくると神経の圧迫が強まり下肢の筋力低下や感覚のマヒなどを起こすこともあります。

 

一般的な治療法として
電気治療や温熱療法
痛み止めや湿布などの薬物療法
硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射などのブロック療法
ウォーキングや下肢のトレーニングなどの運動療法

 

などが挙げられます。

 

上記に挙げたものも有効な治療法ですが、大事なのは脊柱管狭窄症になぜなってしまったのか?という原因をきちんと見つけ出しそれに対して的確に治療することです。
 

 

 脊柱管狭窄症とは加齢、労働などの影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

 

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

 

腰椎ヘルニアと同様に坐骨神経痛の症状を出す病気の1つでもあります。

 

進行状況にもよりますが、軽いものだと安静にしていれば症状を感じませんが立っていたり歩いていたりすると腰痛や足の痛み・シビレなどを引き起こし、重度になってくると神経の圧迫が強まり下肢の筋力低下や感覚のマヒなどを起こすこともあります。

 

一般的な治療法として
電気治療や温熱療法
痛み止めや湿布などの薬物療法
硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射などのブロック療法
ウォーキングや下肢のトレーニングなどの運動療法

 

などが挙げられます。

 

上記に挙げたものも有効な治療法ですが、大事なのは脊柱管狭窄症になぜなってしまったのか?という原因をきちんと見つけ出しそれに対して的確に治療することです。
 

脊柱管狭窄症の特徴的な症状

脊柱管狭窄症の特徴的な症状

 

特徴的な症状として「間欠性跛行」というものがあります

 

これは、安静にしていると特に目立った症状は出ないのですが長い間立っていたり、歩いたりすると腰や足に痛み・シビレが出てきて動けなくなるようなのですが、しばらく座って休んだりしているとまた普通通りに動けるといったことを繰り返すような症状です。

 

以下のようなものが該当します。
買い物中に痛くなるが座って休むとまた普通に歩ける
ウォーキングに行ってしばらく歩くと歩けなくなるが休むとまた歩ける
外出時歩く→休む→歩く頻繁に繰り返す

 

医学的には神経が圧迫される個所によって、主に三つに分類されます。

 

1.馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中心部分が圧迫される場合。両側の下肢のしびれ感、痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害(膀胱直腸障害)がおきます。

 

 

2.神経根型(しんけいこんがた)

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫される場合。臀部から下肢にかけての痛みが起きます。多くは片方の側に症状が起きます。

 

 

3.混合型(こんごうがた)

馬尾型と神経根型の両方の症状が起きます。

 

 特徴的な症状として「間欠性跛行」というものがあります

 

これは、安静にしていると特に目立った症状は出ないのですが長い間立っていたり、歩いたりすると腰や足に痛み・シビレが出てきて動けなくなるようなのですが、しばらく座って休んだりしているとまた普通通りに動けるといったことを繰り返すような症状です。

 

以下のようなものが該当します。
買い物中に痛くなるが座って休むとまた普通に歩ける
ウォーキングに行ってしばらく歩くと歩けなくなるが休むとまた歩ける
外出時歩く→休む→歩く頻繁に繰り返す

 

医学的には神経が圧迫される個所によって、主に三つに分類されます。

 

1.馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中心部分が圧迫される場合。両側の下肢のしびれ感、痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害(膀胱直腸障害)がおきます。

 

 

2.神経根型(しんけいこんがた)

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫される場合。臀部から下肢にかけての痛みが起きます。多くは片方の側に症状が起きます。

 

 

3.混合型(こんごうがた)

馬尾型と神経根型の両方の症状が起きます。

あい鍼灸整骨院での考え方

あい鍼灸整骨院での考え方

 

なぜこのような辛い脊柱管狭窄症になってしまうのでしょうか?

加齢による骨の変化、長時間にわたる無理な体勢での労働及び身体的な負担、背骨や椎間板の変性による骨の変形などにより、骨自体が飛び出てしまい神経を圧迫してしまいます。

 

例えていうならば「脊柱管=脊髄から出る神経を通すトンネル」です。

 

つまりこの脊柱管といわれる部分が、背骨の変形や椎間板の変性により膨らんだりすることで圧迫され狭くなることで、神経を押しつぶし腰部脊柱管狭窄症になるわけです。

 

つまり腰部脊柱管狭窄症になる原因は

骨が変形することによって引き起こされます。

 

ではなぜその骨が変形してしまうのでしょうか?
ここからはそのメカニズムについてお話します。

 
 なぜこのような辛い脊柱管狭窄症になってしまうのでしょうか?

加齢による骨の変化、長時間にわたる無理な体勢での労働及び身体的な負担、背骨や椎間板の変性による骨の変形などにより、骨自体が飛び出てしまい神経を圧迫してしまいます。

 

例えていうならば「脊柱管=脊髄から出る神経を通すトンネル」です。

 

つまりこの脊柱管といわれる部分が、背骨の変形や椎間板の変性により膨らんだりすることで圧迫され狭くなることで、神経を押しつぶし腰部脊柱管狭窄症になるわけです。

 

つまり腰部脊柱管狭窄症になる原因は

骨が変形することによって引き起こされます。

 

ではなぜその骨が変形してしまうのでしょうか?
ここからはそのメカニズムについてお話します。

あい鍼灸整骨院で行う治療方法

あい鍼灸整骨院で行う治療方法

 

当院では独自に開発した一野式筋肉骨調整法という世界で初めて骨の変形を治すという治療法を用います。ゴムハンマーと当て木を使用して、骨に刺激を与えることで変形した骨をもとの正しい形に変化させることが出来る治療法です。腰部脊柱管狭窄症では、症状としては結果として腰を悪くしてしまい痛みを出しますが、本来痛みの原因となるのは身体の土台である足の変形から来ています。

 

人間の身体を家にたとえてみてください。

 

頑丈な家を作るには、しっかりと安定した基礎工事や土台が必要ですよね。いくら立派な柱を作ったりしても基礎がしっかりせず土台が安定しなければ柱も歪み、屋根も崩れてしまいますよね。

 

これを人間の身体に置き換えると、屋根=腰・柱=ももやすね骨です。そしてそれを支える基礎とは足になります。

 

脊柱管狭窄症の方はこの足に変形の問題を抱えており、そのせいで柱であるももやすねの骨が変形してしまいます。もっと詳しく言うと腰の悪い方は身体を安定させるために外側に体重を乗せる傾向があります。これがすねの骨の変形やももの骨の変形を生み、変形した骨同士が関節を作るため関節自体も歪ませてしまいます。

 

これが骨盤の状態を悪くして腰椎の変形を引き起こしてしまいます。

 

だからこそ当院で悪くなっている腰だけでなく原因となる足部の変形やすねやももの骨の変形を整えていき、足首・膝・股関節と歪んだ関節のバランスを整えることで土台をしっかりと安定させます。

 

下半身の安定を作ってから初めて骨盤や腰椎の変形を調整することで上半身や腰部の状態も整いやすくなり、狭くなっていた神経の通り道も広がっていき神経本来の働きが正常に行えるようにすることで症状が改善していきます。

 


当院では独自に開発した一野式筋肉骨調整法という世界で初めて骨の変形を治すという治療法を用います。ゴムハンマーと当て木を使用して、骨に刺激を与えることで変形した骨をもとの正しい形に変化させることが出来る治療法です。腰部脊柱管狭窄症では、症状としては結果として腰を悪くしてしまい痛みを出しますが、本来痛みの原因となるのは身体の土台である足の変形から来ています。

 

人間の身体を家にたとえてみてください。

 

頑丈な家を作るには、しっかりと安定した基礎工事や土台が必要ですよね。いくら立派な柱を作ったりしても基礎がしっかりせず土台が安定しなければ柱も歪み、屋根も崩れてしまいますよね。

 

これを人間の身体に置き換えると、屋根=腰・柱=ももやすね骨です。そしてそれを支える基礎とは足になります。

 

脊柱管狭窄症の方はこの足に変形の問題を抱えており、そのせいで柱であるももやすねの骨が変形してしまいます。もっと詳しく言うと腰の悪い方は身体を安定させるために外側に体重を乗せる傾向があります。これがすねの骨の変形やももの骨の変形を生み、変形した骨同士が関節を作るため関節自体も歪ませてしまいます。

 

これが骨盤の状態を悪くして腰椎の変形を引き起こしてしまいます。

 

だからこそ当院で悪くなっている腰だけでなく原因となる足部の変形やすねやももの骨の変形を整えていき、足首・膝・股関節と歪んだ関節のバランスを整えることで土台をしっかりと安定させます。

 

下半身の安定を作ってから初めて骨盤や腰椎の変形を調整することで上半身や腰部の状態も整いやすくなり、狭くなっていた神経の通り道も広がっていき神経本来の働きが正常に行えるようにすることで症状が改善していきます。

あい鍼灸整骨院のこだわり

あい鍼灸整骨院のこだわり

 

当院では痛みやシビレに対する考え方が他とは全く違います。

 

どこにもないソフトな施術方法で初めて受けた方も「これくらいでかわるの?」と不思議がる人もおられたり、こんな治療法があるなんて早く知っておけばよかった、痛みの原因に対してこんなに細かく説明を受けたのは初めてといわれる方が非常に多いです。

 

当院では痛みをとることだけが目的ではなく、痛みをとった後も再発させない身体を作るためのメンテナンスを重要と考えています。なので、

 

痛みを取る=ゴール
ではありません。

 

早く痛みが取れたとしても、また痛みが再発してしまってはそれまでの努力が水の泡です。
治療の目的も再発させないことを前提として行っていきます。

 

その為にも、日常生活の注意点やアドバイスをすることで、今後同じような変形を出さないような生活の仕方や、健康的な過ごし方を説明していきます。

 
 

≪最後に・・・≫
当院の治療の目的はただ痛みをとることだけでなく、皆さんの健康と笑顔に貢献し豊かで実り ある人生を創造することを目的としています。

 

その場しのぎの改善でなく、再発防止を含め5年10年と健康で楽しい人生を送るための サポートを行っていきます。

 当院では痛みやシビレに対する考え方が他とは全く違います。

 

どこにもないソフトな施術方法で初めて受けた方も「これくらいでかわるの?」と不思議がる人もおられたり、こんな治療法があるなんて早く知っておけばよかった、痛みの原因に対してこんなに細かく説明を受けたのは初めてといわれる方が非常に多いです。

 

当院では痛みをとることだけが目的ではなく、痛みをとった後も再発させない身体を作るためのメンテナンスを重要と考えています。なので、

 

痛みを取る=ゴール
ではありません。

 

早く痛みが取れたとしても、また痛みが再発してしまってはそれまでの努力が水の泡です。
治療の目的も再発させないことを前提として行っていきます。

 

その為にも、日常生活の注意点やアドバイスをすることで、今後同じような変形を出さないような生活の仕方や、健康的な過ごし方を説明していきます。

 
 

≪最後に・・・≫
当院の治療の目的はただ痛みをとることだけでなく、皆さんの健康と笑顔に貢献し豊かで実り ある人生を創造することを目的としています。

 

その場しのぎの改善でなく、再発防止を含め5年10年と健康で楽しい人生を送るための サポートを行っていきます。

初めての方へ

初めての方へ

 

初めてご来院されるお客様に、当院の施術の流れをご紹介させて頂きます。

 

1.お電話にてご予約を承っております。

1.お電話にてご予約を承っております。

写真:予約

 

ご予約・お問い合わせ
084-951-7746
予約可能時間
平日 9:00-12:30/15:30-20:00
土曜 9:00-12:30/15:30-19:00
LINEでの予約も承ります

2.問診票の記入をしてもらいます。

2.問診票の記入をしてもらいます。

まずは問診票の記入をお願いします。
どこがどのくらい痛いかどういう動作で痛みが出るかなど分かる範囲でなるべく詳しくお書きください。
まずは問診票の記入をお願いします。
どこがどのくらい痛いかどういう動作で痛みが出るかなど分かる範囲でなるべく詳しくお書きください。

3.問診・検査・治療内容の説明を行います。

3.問診・検査・治療内容の説明を行います。

問診票の内容を確認し、患者さんへ症状のヒアリングを行います。
必要に応じて検査などを行い、現状を把握した上で、治療内容を決め、ご説明させていただきます。
問診票の内容を確認し、患者さんへ症状のヒアリングを行います。
必要に応じて検査などを行い、現状を把握した上で、治療内容を決め、ご説明させていただきます。

4.治療に入ります。

4.治療に入ります。

当院独自の骨調整で治療していきます。当院独自の骨調整で治療していきます。

5.今後の治療方針・日常生活でのアドバイスを行います。

5.今後の治療方針・日常生活でのアドバイスを行います。

治療終了後、症状の原因説明を行います。そして、考えられる予防策や注意事項・通院説明を行い、終了となります。また、お一人ひとりに合わせたホームケアアドバイスもさせていただきます。治療終了後、症状の原因説明を行います。そして、考えられる予防策や注意事項・通院説明を行い、終了となります。また、お一人ひとりに合わせたホームケアアドバイスもさせていただきます。

6.お会計と次回の予約を確認し終了です。

6.お会計と次回の予約を確認し終了です。

治療終了後、症状の原因説明を行います。そして、考えられる予防策や注意事項・通院説明を行い、終了となります。また、お一人ひとりに合わせたホームケアアドバイスもさせていただきます。治療終了後、症状の原因説明を行います。そして、考えられる予防策や注意事項・通院説明を行い、終了となります。また、お一人ひとりに合わせたホームケアアドバイスもさせていただきます。